good mornings Archives
19 Jun 2013

Library project「365日 Charming Everyday Things 」 川島蓉子トークライブ“日常をチャーミングに。作り手と使い手の想いをつなげたい”

みんなで粋な本を持ち寄る本棚、そこに並ぶ作品の著者に実際に会って話を聞く「Library projectトークライブ」。
第2弾は、日本の知恵や技、美意識が生きている日用品を、日めくりカレンダーに沿って1点ずつ、
365日をかけて紹介する「365日 Charming Everyday Things」の著者、川島蓉子さんです。

作り手の想いと使い手の想いをつなげたい・・・そんな素朴な考えからうまれた「365日Charming Everyday Things (サン・ロク・ゴ)」というプロジェクト。日本の知恵や技が生きている魅力的な日用品数多くあります。それをなんとかたくさんの人に知って、使って欲しいという思いから始まりました。
今回のトークライブも“伝える”活動の1つとして、プロジェクトの発起人であり、4月に発刊した「365日 Charming Everyday Things」の
編集長であるifs未来研究所所長 川島蓉子さんが、この夏の生活をちょっと素敵にする日用品の紹介をはじめ、
これまでたくさんの取材等でみてきた素敵なモノが生まれるまでのエピソードを交えながら、生活をちょっと素敵にする日用品と
かけがえのない日常をつなげるヒントをお話します。

■ 日時 7月11日(木)19:00-21:00(18:40受付開始)*懇親会含む
■ 場所 WATERRAS COMMON 2Fギャラリー
http://www.yasuda-re.co.jp/waterras/access/
■ 参加費 ¥1,000【当日支払】(1ドリンク付き/税込み)
■ ゲスト 川島蓉子(ifs未来研究所所長)

■ 申込先 event@goodmornings.co.jp
  *お名前、連絡先(電話番号)、参加人数を記入してお送りください。


『Yosuke Suzuki』

■ゲストプロフィール
川島蓉子(かわしま・ようこ)

1961年新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科終了。
ifs未来研究所所長。
ファッションという視点で消費者や市場の動向を分析し、アパレル、化粧品、流通、家電、
自動車、インテリアなどの国内外の企業と、ブランド開発・デザイン開発などのプロジェクトを行う。
多摩美術大学非常勤講師。Gマーク審査委員。

読売新聞で「くらしにごぼうび」という週刊コラムを連載。
その他、日経MJ、ブレーン、日経トレンディなどに定期的に寄稿。

著書に「ビームス戦略研究所」(PHP研究所)、「伊勢丹な人々」(日本経済新聞新聞社)、
「松下のデザイン戦略」(PHP研究所)、「上質生活のすすめ」(マガジンハウス)、
「ブランドのデザイン」(文春文庫)、「TOKYOファッションビル」(日本経済新聞出版社)、
「資生堂ブランド」「ユナイテッドアローズ」(アスペクト)、「川島屋百貨店」(ポプラ社)、
「虎屋ブランド物語」(東洋経済新報社)、「イッセイミヤケのルール」(日本経済新聞社)、
「社長とランチ」(ポプラ社)、「ブランドはNIPPON」「川島プロジェクト」(文藝春秋)、
「チャーミングな日用品 365日」(ハースト婦人画報社)、「エスプリ思考」(新潮社)など多数。