EOJ Archives
21 Oct 2013

Essence of Japanese 神田de歌舞伎 11月11日(月)第2回「なりきり歌舞伎体操」

神田de歌舞伎、11月の第2回目は、歌舞伎独特の所作を楽しく体験できる「なりきり歌舞伎体操」です。

日本が誇る伝統芸能・歌舞伎には計算され尽 くした美しい歩き方や見得、また勇壮な動きが次々に繰り広げられ、
観客を魅了します。 この歌舞伎独特の動きとなる姿勢の姿勢や動きをアレンジして、新しい「体操」として
提案するのが「なりきり歌舞伎体操」です。
この体操、一見難しそうに思えますが、「正しい姿勢」「箱割り」「すり足」等を無理のない範囲で模倣することで、
楽しみながら体力づくりができるため、小さなお子様から女性、またお年寄りまで参加することができます。
観劇が楽しく、身近になること間違いなし!
講師には、「なりきり歌舞伎体操」を全国に広められている歌舞伎俳優・中村橋吾さんをお招きします。
「和」の 動きを楽しみながらエクササイズすることで、美しい姿勢と体力づくりをしませんか!

■ 日時 11月11日(月)19:00-21:00(18:40受付開始)
■ 場所 WATERRAS COMMON 3Fホール
http://www.yasuda-re.co.jp/waterras/access/
■ 参加費 ¥1,500(税込み)
■ 定員 50名
■ ゲスト 中村橋吾(歌舞伎俳優)
■ モデレータ  おくだ健太郎(歌舞伎ソムリエ)、関亜弓(歌舞伎ライター)

■ 申込先 event@goodmornings.co.jp
  *お名前、連絡先(電話番号)、参加人数を記入してお送りください。

プロフィール
中村橋吾(歌舞伎俳優)

1979年生まれ。2000年、国立劇場第十五期 歌舞伎 俳優研修を終了し、中村橋之助一門 に入門。
同年4月に、国立劇場『夏祭浪花 鑑』の捕手ほかで初舞台 に立つ。 2001年4月に、
御園座『小笠原騒動』の捕手ほかで 中村橋吾を名乗る。
平成中村座の海外公演、 コクーン歌舞伎などでも活躍中。 2013年7月、松竹座で名題昇進。

おくだ健太郎(歌舞伎ソムリエ)
自称「歌舞伎ソムリエ」
1965年 名古屋市生まれ。
大学入学で上京後、歌舞伎に熱中。
現在、劇場の同時解説イヤホンガイド、雑誌「ディスカバー ジャパン」への
コラム連載(歌舞伎でめぐるニッポン)
トークサロン「おくだ会」の主催などで、歌舞伎の楽しさを積極的に発信中。
ブログ「おくだ健太郎・歌舞伎ソムリエ」  http://ameblo.jp/okken/

関亜弓(歌舞伎ライター)
大学時代「学習院歌舞伎」にて女子ながら歌舞伎の舞台を経験。
実演をきっかけに研究をはじめ、歌舞伎少女漫画「ぴんとこな」のコラムページを担当する等、歌舞伎ライターとして活動。
近年は現代的な感覚で歌舞伎を語れる「歌舞伎女子」として、雑誌や情報番組に出演する他、若手歌舞伎俳優とのトークイベント等も企画。古典の現代化を試みるカンパニー「木ノ下歌舞伎」のメンバーであり、俳優としても活動。