News

News

17 Oct 2019

女子セブンズ日本代表キャプテンを務める中村知春選手をメインスピーカー、 作家/画家とマルチに活躍する大宮エリー氏をMCにスペシャルトークセッション『なんで女子ラグビーなん?』を開催します。

ラグビーW杯2019が日本各地で開催され、ラグビーが盛り上がりを見せる中、意外とその存在感が発揮できていない「女子ラグビー」。

会社員になってから女子ラグビーを始め、7年連続で日本代表の主将を務める中村知春選手、彼女の経験や日々の悩みを軸に、「伝える」ことのプロフェッショナル・大宮エリーさんとともに、「女子ラグビー」について紐解いていく。

「きつい・痛い・しんどい・・・でも、ラグビーが好き」選手たちは笑いながら言うけれど、なぜそんなにも彼女たちはラグビーにハマっているのか。

10代~30代の年齢・経験・立場がそれぞれ異なるメンバーを同じ目標に向かって、7年間引っ張る中村選手流のチームマネジメントとは。

飾らない等身大の中村さんの言葉や経験が、大宮さんとセッションすることで、組織の中での課題との向き合い方やコミュニケーション、マインドセット等、不思議と多くの人が抱える課題に、女子ラグビーがリンクしていく。

女性はもちろん、男性にもおすすめの内容です。

皆様のご参加をお待ちしております!

※台風21号の進路、速度、勢力等の状況によっては、
トークイベントの中止・一時中断等の可能性もございます。
そのような事態を決定した場合は、
当日の16:10までに判断しご登録いただきましたメールアドレスにご連絡いたします。
 
イベントには、映像撮影を含む取材が入る予定となっております。お客様が映り込む可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
一切映り込みがNGのお客様は、事前に受付にてその旨をお伝えください。

 

日程:2019年10月25日(金)18:30~19:45(18:10開場)

会場:丸の内15丁目KOMINKAN (千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1階)

定員:30人程度  (事前申込制) ※先着順とさせていただきます

参加費:無料

主催:公益財団法人日本ラグビーフットボール協会

登壇者: (敬称略)

メインスピーカー・中村知春 (女子セブンズ日本代表キャプテン)

MC・大宮エリー (作家/画家)

お申し込みはコチラ

 

登壇者プロフィール

・中村 知春(なかむら ちはる)

女子セブンズ日本代表キャプテン

1988年神奈川県生まれ。法政大学卒業、2011年広告代理店入社。JOCアスリート委員、日本ラグビーフットボール協会国際協力部門員、久留米大学スポーツアドミニストレーター。 大学卒業後、12年間続けたバスケットボールを辞めてラグビーに競技転向。2011年に日本代表、翌年から主将を務める。2016年リオオリンピック出場(10位)、2020年の東京オリンピックではメダル獲得を目指す。

・大宮 エリー(おおみや えりー)

(撮影:諸井純二)

作家/画家

1975年大阪生まれ。広告代理店勤務を経て、2006年に独立。映画「海でのはなし。」で映画監督デビュー。 主な著書に『生きるコント』『思いを伝えるということ』 (文春文庫)、画集『EMOTIONAL JOURNEY』(FOIL)、など。 近著では『大宮エリーのなんでコレ買ったぁ?!』(日本経済新聞出版社)、絵と詩で綴る絵本『 虹のくじら 』(美術出版社)が好評発売中。2015年、初の絵画展「emotional journey」(代官山・ヒルサイドフォーラム)、「painting dreams」(渋谷ヒカリエ 8 階 CUBE)を開催してから、次々に全国各地の展覧会に参加・開催。2019年2月初の海外個展「 les beaux jour 」(パリ)、 3月「A Wonderful Forest」(香港 TICOLAT TAMURA )を開催。 ELLE ONLINEにてWEBコラムを連載中。