News

News
伊勢角屋麦酒 × good mornings のオリジナルビールを直営店舗にて販売中!

29 Jun 2020

「伊勢から世界へ」を合言葉に国内外に熱狂的なファンを持つ伊勢角屋麦酒

 

数多くの国際大会で受賞した世界に誇るブリュワリー

伊勢角屋麦酒とgood morningsが共同開発した「KAKEKO」と「good hoppings」の2種類が

弊社直営店舗 日本橋浜町「Hama House」と丸の内「Marunouchi Happ. Stand & Gallery」にて

購入可能となりました。

期間限定の販売になりますので、ぜひ店舗にてお買い求めください。

 

「KAKEKO」

グレープフルーツの香りが華やかで飲み口が軽やかなIPA

味わいの特徴)

ホップの効いたアメリカンIPAをベースにグレープフルーツを漬込みました。グレープフルーツの爽やかな酸味と新鮮さがホップのシトラスの風味をさらに引き立てます。ビールのカラーはゴールドでゴクゴク飲み進めることができます。薄くならないために、C-40とCarapilsのカラメルモルトでボディーを強化。ホップアロマの特徴は、柑橘(シトラス)のようなCitra、パッションフルーツのようなMosaicを使用し、両方の香りが複雑に混ざり合います。 瑞々しさ、フレッシュさを強く押し出す為に、グレープフルーツは果汁を添加するのではなく皮と果実をビールに漬込みました。グレープフルーツ(ワックス、防腐剤不使用)は高知県産を使用し、外国産に比べて苦みがやさしく、風味が際立ちます。 軽やかな飲み口と華やかだが強すぎない香りのバランスを調整し、どのような料理、いかなるシチュエー ションにもぴったりの爽やかなフルーツビールに仕上げました。

名前の由来)

東京・日本橋浜町の企画運営会社 good mornings のために、昨年度に引き続きリリースした専用の限定ビールですが、今回のコロナ禍により、急遽、イセカドからも販売させていただくこととなりました。「KAKEKO(カケコ)」とは、ラベルの絵にもございますが、鶏を表しております。 伊勢神宮を参拝され、ご覧になった方もいると思いますが、神宮には、鶏がおります。鶏がコケコッコー(当時は「カケコー」)と鳴いてから太陽が昇るので、鶏の鳴き声が太陽を呼ぶ力があるとされ「神鶏(しんけい)」と呼ばれ、非常に大切にされています。 神話の中で、天岩戸に引きこもった天照を誘い出すため、八百万(やおよろず)の神々はさまざまな宴を催しました。そのうちの一つが、「常世長鳴鳥(とこよのながなきどり)」とよばれる鶏を集めて鳴かせ ることでした。この神話から、鶏は神の使いとされたそうです。 天の岩戸開きの故事にならい、神事においても、神職が鶏の声を真似て三度「カケコー」と唱える「鶏鳴三声(けいめいさんせい)」が行われています。

 

「good hoppings」

ホップの華やかな香りが特徴のバランスの良いドリンカブルなIPA

味わいの特徴)

ホップは香りの強い品種を選定し、ホップのアロマが華やかに感じられるように贅沢に使用しました。柑橘 (シトラス)のようなCitra、マンゴーのようなMosaic、パッションフルーツのようなGalaxyを使用し、フルーティな香りが複雑に混ざり合います。また、ビタリングにシャープな苦味が特徴のColumbusを使用しました。また、3種のモルトをバランスよく配合し、クリアだけども適度な深みを持つ爽快な仕上がりとなっていま す。IPAの入門編としても最適です。