Event and Workshop

Essence of Japanese
神田de歌舞伎「そうだ、歌舞伎に行こう!」

01 Dec 2016

-新春の歌舞伎をとことん楽しもう! -

来月の歌舞伎の見どころを、初めての方にも楽しく観ていただけるよう、事前に柔らかく解説するのが神田de歌舞伎「そうだ、歌舞伎に行こう!」。

12月は2016年の名舞台を振り返りながら、翌年の新春歌舞伎の上演演目を先取りして解説します。新年の清々しさとおめでたい気持ちがたっぷり詰まった一月の歌舞伎。劇場毎の特色や、行事に関する豆知識なども含めて楽しいトークを予定しています。

歌舞伎は難しそうで…と踏み出せずにいる方、いつもと違う視点で観てみたい方、是非ワテラスにお越しください!

■ 日時 12月19日(月)19:00~20:30(18:40受付開始)
■ 場所 ワテラスコモン1F サロン
■ 参加費 ¥1,500(税込/茶菓子付/当日支払)
■ 定員 30名
■ ゲスト おくだ健太郎(歌舞伎ソムリエ)、関亜弓(歌舞伎ライター)
■ お申込 こちらから

■ 主催 一般社団法人淡路エリアマネジメント
■ 共催 good mornings株式会社
■ 協力 安田不動産株式会社

■ プロフィール

おくだ健太郎(歌舞伎ソムリエ)

自称「歌舞伎ソムリエ」

1965年 名古屋市生まれ。大学入学で上京後、歌舞伎に熱中。現在、劇場の同時解説イヤホンガイド、雑誌「ディスカバー ジャパン」へのコラム連載。(歌舞伎でめぐるニッポン)トークサロン「おくだ会」の主催などで、歌舞伎の楽しさを積極的に発信中。

ブログ「おくだ健太郎・歌舞伎ソムリエ」

関亜弓(歌舞伎ライター)

「学習院歌舞伎」にて女子ながら歌舞伎の舞台を経験。実演をきっかけに研究をはじめ、ライターとして活動する。近年は現代的な感覚で歌舞伎を語れる「歌舞伎女子」として、雑誌や情報番組に出演する他、若手歌舞伎俳優とのイベント等も企画。古典の現代化を試みるカンパニー「木ノ下歌舞伎」メンバー。