Event and Workshop

Essence of Japanese
神田de歌舞伎「そうだ、歌舞伎に行こう!-歌舞伎の中の別れ、旅立ち-」

16 Feb 2017

-歌舞伎の中の別れ、旅立ち-

来月の歌舞伎の見どころを、初めての方にも楽しく観ていただけるよう、事前に柔らかく解説するのが神田de歌舞伎「そうだ、歌舞伎に行こう!」。3月は卒業シーズンということで、歌舞伎演目の中の別れや旅立ちに焦点を当ててお話します。

親子や恋人同士の別れ、また新たな生活が始まる予感としての旅立ち…

翌月四月の上演演目を取り上げながらわかりやすく解説します。

歌舞伎は難しそうで…と踏み出せずにいる方、いつもと違う視点で観てみたい方、是非ワテラスにお越しください!

■ 日時 3月21日(火)19:00~20:30(18:40受付開始)
■ 場所 ワテラスコモン1F サロン
■ 参加費 ¥1,500(税込/茶菓子付/当日支払)
■ 定員 30名
■ ゲスト おくだ健太郎(歌舞伎ソムリエ)、関亜弓(歌舞伎ライター)
■ お申込 こちらから

■ 主催 一般社団法人淡路エリアマネジメント
■ 共催 good mornings株式会社
■ 協力 安田不動産株式会社

■ プロフィール

okuda-kentarou

おくだ健太郎(歌舞伎ソムリエ)

自称「歌舞伎ソムリエ」

1965年 名古屋市生まれ。大学入学で上京後、歌舞伎に熱中。現在、劇場の同時解説イヤホンガイド、雑誌「ディスカバー ジャパン」へのコラム連載。(歌舞伎でめぐるニッポン)トークサロン「おくだ会」の主催などで、歌舞伎の楽しさを積極的に発信中。

公式サイト http://okken.jp

IMG_seki-199x300

関亜弓(歌舞伎ライター)

「学習院歌舞伎」にて女子ながら歌舞伎の舞台を経験。実演をきっかけに研究をはじめ、ライターとして活動する。近年は現代的な感覚で歌舞伎を語れる「歌舞伎女子」として、雑誌や情報番組に出演する他、若手歌舞伎俳優とのイベント等も企画。古典の現代化を試みるカンパニー「木ノ下歌舞伎」メンバー。